ICS(インターネット接続の共有)を試してみた

28 11月, 2014 (13:43) | ネットワーク | By: ohishi

参考にしたのは、下記のサイトです。

ICS (インターネット接続の共有) を使用して共有インターネット接続をセットアップする

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/set-internet-connection-sharing#1TC=windows-7

◆構成

PC1 :ソフトバンク203HWでインターネット接続
PC2 :PC1経由でインターネット接続
PC3 :PC1経由でインターネット接続

・3台ともWindows8パソコン
・PC1,PC2,PC3をスイッチハブに接続する
・IPアドレスはDHCPによる自動割り振りとするが、3台の中にDHCPサーバは無い

◆設定方法

PC1

・コントロールパネル > ネットワークとインターネット > ネットワーク接続 >203HWのアダプタ > プロパティ > 共有 を選択
・「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可する」の
 チェックをオンにする

PC2,PC3

・何も操作しない

◆結果

・これだけでPC2,PC3はインターネット接続が出来き、Web/メールが利用できるようになった

・ICSを有効にすることで、下記の通りIPアドレスが割り振られた

PC1 192.168.137.1
PC2 192.168.137.253
PC3 192.168.137.68

と、いうことはICSはDHCPの機能があることになる

もし、PC1を社内のネットワークに接続すると、IPアドレスの割り振りはどうなるか、不安になったのでテストしてみた。

PC1,PC2,PC3ともに社内ネットワークに接続してみたところ、PC1,PC2,PC3のIPアドレスは、社内用のDHCPサーバがを割り振ってくれたが、なんと、ICS用のIPアドレスが割り振られたPCがでてきた。

うーん、なんとも悩ましい(*_*;

◆結論
・USBタイプのデータ通信機器でもインターネット接続の共有が可能
・インターネット接続共有のホストPCを社内ネットワークに持ち込むと、ICS用のIPアドレスが割り振られてしまい、混乱のもとになる

ICSは積極的には使用しないほうがよさそうだ。

Write a comment