s3sync でエラー

31 5月, 2017 (16:12) | クラウド | By: ohishi

2件ほどエラーが出たが何とか回避できたので、メモしておきます

1)s3からDownloadする際に下記の「retries left, sleeping for 30 seconds」メッセージが出力されて
downloadが終了しない状態になった

◆メッセージ

ruby c:\s3sync\s3sync.r --delete <送り側> <受け側>
EOF error: end of file reached
99 retries left, sleeping for 30 seconds
EOF error: end of file reached
98 retries left, sleeping for 30 seconds

◆スクリプトの修正

変更前
ruby c:\s3sync\s3sync.rb -r --delete <送り側> <受け側>

変更後
ruby c:\s3sync\s3sync.rb -r -d --no-md5 --delete <送り側> <受け側>

 -d :デバッグログをコンソールに表示します
 --no-md5 : MD5ハッシュを確認せず、TimeStamp のみを比較して同期を実施します。

原因はわからなかったが、TimeStamp のみの比較で同期させる方式に変更して何とか回避できた

2)s3からダウンロードする際に下記の「Permission denied」のメッセージがでて、
処理が途中で終了してしまう

◆メッセージ

c:\s3sync\s3sync.rb:645:in 'unlink': Permission denied - <受け側> (Error::EACCESS)
from c:/s3sync/s3sync.rb:645:in 'updateFrom'

◆対応

受取側のフォルダー内のファイルを全て削除し、再度downloadし回復

EC2-API-Tools :インスタンス起動停止コマンドラインの修正

26 5月, 2017 (15:22) | クラウド | By: ohishi

トラブル時に使用するEC2のサーバーがあり、毎月、自動で1日だけテストで立ち上げてたが、どうも昨年あたりから自動で立ち上がっていないようだ(笑

定期実行しているバッチファイルを調べてみると~ 以下のエラーが出てた~

Private key authentication has been deprecated from the CLI. 
Please refer to the following documentation for more details: http://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/using-soap-api.html

それらしき情報が下記のサイトにあり、2016年6月30日以降は動かなくなったようだ

AWSからSOAPのサポートが終了する旨のメールが来た時にしたこと

どうも、バッチファイルを修正する必要があり、下記のサイトを参考に修正したのでメモしておきます

http://blog.serverworks.co.jp/tech/2013/03/29/accesskeyid_secretkey_on_ec2-api-tools/

http://hacknote.jp/archives/19701/

◆インスタンスの情報を取得するバッチファイル

<変更前>

set JAVA_HOME=C:\"Program Files"\Java\jre6
set EC2_HOME=C:\tool\ec2-api-tools
set PATH=%PATH%;%EC2_HOME%\bin
set EC2_PRIVATE_KEY=c:\tool\key\pk-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.pem
set EC2_CERT=c:\tool\key\cert-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.pem
set EC2_URL=https://ap-northeast-1.ec2.amazonaws.com

ec2-describe-instances i-xxxxxxxx >aws_status.txt


<変更後>

set JAVA_HOME=C:\"Program Files"\Java\jre6
set EC2_HOME=C:\tool\ec2-api-tools
set PATH=%PATH%;%EC2_HOME%\bin
rem EC2_PRIVATE_KEY=c:\tool\key\pk-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.pem
rem set EC2_CERT=c:\tool\key\cert-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.pem
set AWS_ACCESS_KEY=yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy
set AWS_SECRET_KEY=zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
set EC2_URL=https://ap-northeast-1.ec2.amazonaws.com

ec2-describe-instances i-xxxxxxxx >aws_status.txt

ASPによる掲示板作成

11 5月, 2017 (16:19) | Windows Server | By: ohishi

ASPを使って簡単な掲示板を作成してみたのでメモしておきます。
記事の作成、削除機能はありません。記事はTXT,PDF,html形式で作成しておき、記事一覧から記事を参照できるだけのものです。

◆環境

・LANDISK(Windows Server)でWebDAVASP有効にする
VBSによるASPが実行できる環境ならば実行可能です

◆掲示板の仕様

・記事をTXT,PDF,html形式で作成し、list.aspと同一フォルダに保存する
・記事を作成する際は、ファイル名の先頭に日付をセットする (yyyymmdd形式)
・記事一覧を表示する際に、ファイルの拡張子は非表示する
・本年、昨年、一昨年、全てのリンクから対象記事を抽出できる
・検索機能で全記事対象にファイル名を検索出来る
・検索する際に英数字は半角・全角を意識することなくヒットさせる

全角を半角に変換する処理は下記のサイトの物を利用させていただきました。
「VBScriptで半角全角変換を担当するクラスを作ってみた」より転載
http://blog.livedoor.jp/midorityo/archives/51064633.html

◆掲示板のイメージ

new1

◆ファイルの格納イメージ

new2

◆起動方法

http://(サイト名フォルダ名)/list.asp

◆掲示板ASPソース

list.asp

<%@LANGUAGE=VBScript%>
<html>
<head>
<title>お知らせ掲示板</title>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=shift_jis">
<style>
body { margin:20px;}
a {text-decoration: none }
h2 a:link {color: deeppink }
h2 a:visited {color: deeppink }
h2 a:hover {color: #00008b; background-color:#ffffff }
h2 a:active {color: deeppink }
h2 a.nasi:hover {background-color:transparent }

a:link {color: #ff0000 }
a:visited {color: #00008b }
a:hover {color: #4169e1;background-color:#7fffd4 }
a:active {color: #4169e1 }
a.nasi:hover {background-color:transparent }

div.boxA { /* 親ボックス */
width:1000px;
height: 30px;
position: absolute;
}
div.box1 { /* ボックス1 */
width: 500px;
height: 20px;
position: absolute;
top: -2px;
left: 5px;
} 
div.box2 { /* ボックス2 */
width: 500px;
height: 20px;
position: absolute;
top: -5px;
left: 300px;
}
div.box3 { /* ボックス3 */
width: 1000px;
}

</style>
</head>
<body>
<h2 style="color: deeppink;"><a href=list.asp>■お知らせ掲示板</a></h2>
<div  class="boxA">
<div  class="box1">
  <a href=list.asp>本年</a>  <a href="list.asp?ID=1">昨年</a>
  <a href="list.asp?ID=2">一昨年</a>  <a href="list.asp?ID=3">全て</a>    
</div>

<div class="box2">
  <FORM ACTION="list.asp" METHOD="POST">
    <input type="text" name="keyword" value="<% Response.Write Request.Form("keyword") %>" size="30">
    <input type="submit" value="検索">
  </form>
</div>
</div>
<br>
<hr size="1" color="lightsteelblue" noshade"></br>
<div class="box3">
<%
  myInclude "CharWideNarrow.vbs"

  Set objFS = Server.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
  strFDIRNAME = Server.MapPath(".") 
  Set objDIR = objFS.GetFolder(strFDIRNAME)

  dim array_file(10000), i, j
  i=0
  For Each objFILE In objDIR.Files
    strFNAME = objFILE.Name  
    array_file(i) = strFNAME
    i = i + 1
  Next

  dim yy
  Select Case Request.QueryString("ID")
   Case ""
    yy = left(date(),4)
   Case "1"
    yy = left(date(),4) - 1
   Case "2"
    yy = left(date(),4) - 2
   Case "3"
    yy = ""
  End Select

  if Request.Form("keyword")<>"" then
    yy = ""
  End if

  dim c
  set c = New CharWideNarrow

  dim cnt
  cnt = 0
  For j=i to 0 step-1
    strFNAME = array_file(j)
    if yy = "" then
     If Right(strFNAME, 4) = ".htm" or Right(strFNAME, 4) = ".txt" or Right(strFNAME, 4) = ".pdf"Then
      if Request.Form("keyword")="" then
        Response.Write "<a href='" & strFNAME & "' target=blank><b>"
        Response.Write Replace(Replace(Replace(strFNAME,".htm",""),".txt",""),".pdf","") & "</b></a></br></br>" &  vbCRLF
        cnt=cnt+1
      else

       '検索の際に、小文字及び半角に変換してから判定。 半角に変換する処理は標準では無い為、下記のURLから転載した
       ' http://blog.livedoor.jp/midorityo/archives/51064633.html
       if InStr(c.ToNarrowAll(LCase(strFNAME)),c.ToNarrowAll(LCase(Request.Form("keyword"))))<>0 then
        Response.Write "<a href='" & strFNAME & "' target=blank><b>"
        Response.Write Replace(Replace(Replace(strFNAME,".htm",""),".txt",""),".pdf","") & "</b></a></br></br>" &  vbCRLF
        cnt=cnt+1
       End if
      End if
     End If
    else
     if left(strFNAME, 4) = yy & "" then 
      If Right(strFNAME, 4) = ".htm" or Right(strFNAME, 4) = ".txt" or Right(strFNAME, 4) = ".pdf"Then 
       Response.Write "<a href='" & strFNAME & "' target=blank><b>"
       Response.Write Replace(Replace(Replace(strFNAME,".htm",""),".txt",""),".pdf","") & "</b></a></br></br>" &  vbCRLF
       cnt=cnt+1
      End If
     End if
    End if
  Next

  Response.Write "表示 : " & cnt & " 件"

%>
</div>
</body>
</html>

<%
Sub myInclude(ByVal strFile)
  Dim objFSO , objStream , strDir
  Set objFSO = Server.CreateObject("Scripting.FileSystemObject") 
  strDir = Server.MapPath(".")  
  Set objStream = objFSO.OpenTextFile(strDir & "\" & strFile, 1)
  ExecuteGlobal objStream.ReadAll() 
  objStream.Close 
  Set objStream = Nothing 
  Set objFSO = Nothing
End Sub
%>

CharWideNarrow.vbs

 省略 (ファイルを見てね)

◆ファイル

newlist20170511.zip

Excel 文字列の分割(u_split)

24 2月, 2017 (10:52) | パソコン | By: ohishi

文字列を区切り文字で分割する場合、VBAならsplit関数があるので良いが、
セル上で使用できる関数が見当たらない。

で、以前作ったものがあったのでメモしておきます。
こんな感じで、区切り文字と何番目の項目を取得するか指定して利用します。

split2

以下のソースを標準モジュールとして登録して利用します。
文字列の分割以外でも汎用的に使えそうな関数をちょっぴり載せておきます

'================================================================================
'区切り文字列から指定の項目番号の文字列を求める 2013/11/05 t.ohishi
'str1:区切り文字を含む文字列, str2:区切り文字, str3:項目数
'================================================================================
Function u_split(str1 As String, str2 As String, str3 As Long)
    Dim x
    x = Split(str1, str2)
    u_split = ""
    If (str3 > 0) And (str3 <= UBound(x) + 1) Then
        u_split = x(str3 - 1)
    End If
End Function


'================================================================================
'区切り文字列の先頭から指定の項目数までの文字列を求める 2013/11/05 t.ohishi
'str1:区切り文字を含む文字列, str2:区切り文字, str3:項目数
'================================================================================
Function u_split2(str1 As String, str2 As String, str3 As Long)
    Dim x
    If Right(str1, 1) = str2 Then
        str1 = Left(str1, Len(str1) - 1)
    End If
    x = Split(str1, str2)
    u_split2 = ""
    If str3 > 0 Then
        For i = 0 To str3 - 1
            If i <= UBound(x) Then
                u_split2 = u_split2 & x(i) & str2
            End If
        Next
        If Right(u_split2, 1) = str2 Then
            u_split2 = Left(u_split2, Len(u_split2) - 1)
        End If
    End If
End Function

'================================================================================
'上位10セルから最初に見つかった空白以外の文字を求める 2013/11/05 t.ohishi
'str1:上位の最初のセルを指定する
'================================================================================
Function u_up10(R1 As Range)
    Dim x
    For i = 0 To 9
        x = R1.Offset(i * -1, 0).Value
        If (x <> "") Or (R1.Offset(i * -1, 0).Row = 1) Then
            Exit For
        End If
        x = ""
    Next
    u_up10 = x
End Function

'================================================================================
'下位10セルから最初に見つかった空白以外の文字を求める 
'str1:下位の最初のセルを指定する
'================================================================================
Function u_dw10(R1 As Range)
    Dim x
    For i = 0 To 9
        x = R1.Offset(i, 0).Value
        If (x <> "") Or (R1.Offset(i, 0).Row = 65536) Then
            Exit For
        End If
    Next
    u_dw10 = x
End Function

'================================================================================
'データ件数カウント(100行の空白で終了とする)
'R1:データセルの先頭を指定する
'================================================================================
Function u_count(R1 As Range)
    Dim cnt_space As Long, i As Long, j As Long
    cnt_space = 0
    i = 0
    Do Until cnt_space >= 100
        If R1.Offset(i, 0).Value <> "" Then
            cnt_space = 0
        Else
            cnt_space = cnt_space + 1
        End If
        i = i + 1
    Loop
    u_count = i - cnt_space
End Function

不調なハードディスクの再利用

3 2月, 2017 (15:36) | パソコン | By: ohishi

HDAT2、便利です。

事務所に不調で交換したハードディスクがいくつかあるんですが、
再利用するにも、一度、エラーが出たハードディスクは使いづらかった

chkdsk /r でチェックして不良セクタを認識させても、もう一度FORMATしてしまうと、
不良セクタの情報はクリアされてしまうので困っていた。

HDAT2で不良セクタを代替処理(エラー箇所を立ち入り禁止)してしまえば、
FORMATに関係なく安心して再利用できるようになります。

IMG_7421

参考:
http://torapo.com/pc/storage/hdat2.htm

◆USBメモリからHDAT2を起動させる方法
・rufus-2.12.exe をダウンロード
・HDAT2EXE_52.EXE をダウンロード
・rufus-2.12.exeにて、USBメモリの起動ディスクを作成する
  DOSはFreeDosが指定できる
・HDAT2EXE_52.EXEをUSBメモリにコピーし,hdat2.exeにリネームする
・autoexec.batにhdat2.exeを記入する

 これでUSBメモリから起動すれば、自動的にHDAT2が起動してくれる

◆Rufus
 起動可能なISOイメージなどを使い、簡単な操作・設定でブータブルUSBメモリを作成できる
 http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/160908/n1609081.html

◆HDAT2EXE_52.EXE
 ハードディスクの修復ツール
 http://www.hdat2.com/files/hdat2exe_52.exe
 http://www.hdat2.com/download.html

MICROLINE 5650SU-R で「エラー 0103」

8 12月, 2016 (11:47) | パソコン | By: ohishi

5650SU-Rが「エラー 0103 パワーOFF シテクダサイ」と表示し、印刷できなくなった。

用紙セットまでは問題ないのだが、データを印字開始するタイミングで「ウーンウンーン」と音がしたあとエラー表示をして停止してしまう状態

かなり古い機種で修理は無理そう。中古は5万円するし、後継機種も高額なため、簡単にはあきらめきれない。

◆対応

・リボンを新品に交換 > NG

・本体の外側からのエアーダスターで清掃 > NG

・分解してエアーダスターで清掃 > 回復

◆分解方法

・右側の用仕送りノブを外す

・裏側の爪をドライバーで押さえて、カバーを外側に引っ張ると、意外と簡単にカバーが外れた

◆問題の箇所

・ヘッドを下げるための歯車が複数有るのだが、この歯車と歯車のかみ合わせのところに、
グリスのようなものが付いていたのだが、これをエアーダスターで吹き飛ばしてあげた

 

img_7081

img_7080
img_7083

Vegas Pro 13 Suite購入!!

29 10月, 2016 (14:18) | band | By: ohishi

1年近くMovie Studio13を使っていたのだが、1本の動画を複数に分割する際に手間がかかりすぎて困っていた。

アドビのプレミアムを使いだし、複数のレンダリングを一括で実行できるようになったのだが、ひ弱な環境のせいもあるかもしれないが、どうも不安定でしっくりこない。

(プレミアムはいきなりハングアップしちゃうんですよね。Movie Studio13は100本以上レンダリングしてますが、一度もないのに…)

たまたま、ソースネクストのサイトを覗いたところ、Vegas Pro 13 Suiteが 2016/10/31 までの限定で 8,980円 で購入できるではないか...

さんざん悩んだ挙句、ポチっとしてしまった。

【一括レンダリングの方法】

自分の場合、複数のプロジェクトを一括レンダリングするのではなく、
1プロジェクト内の約20から30箇所を個別にレンダリングすることが多く、
その方法をメモしておきます。

ライブの映像を曲単位に動画ファイルにするイメージです。

・前もって複数のレンダリングしたい箇所にマークを設定しておく
・それぞれの箇所でドラッグして範囲指定し、右クリックでリージョンを挿入する

 (編集中に曲ごとにリージョンを設定したほうが効率的ですね)

・ツール>スクリプトの実行>Batch Renderを選択
・出力フォーマットを選択
・Render Regionsのオプションを選択する
・OK

そうするとプロジェクトの保管フォルダに、勝手にファイル名を設定してくれて、個別の動画ファイルが書き出される
リージョンが20個あった場合、20ファイルの動画ファイルが出来上がります。

あとは、ファイル名を修正して終わり。

これまでの、「選択>レンダリング」の繰り返し作業から解放されました。
積極的に複数の動画ファイルを作ることができます。 うれぴー(^^♪

追加)
VegasからMovie Studioのプロジェクトファイルを読めちゃうんですね。
たぶん、読めると思ってましたが、ほっとしました。

クライアントからの、プリンタサーバーのPrint Spoolerサービスの再起動

26 8月, 2016 (13:41) | サーバー, パソコン | By: ohishi

どうも最近、プリンターサーバーの調子が思わしくない。
突然、プリント停止すると状態が、まま発生している。

原因がわからないが、とりあえず”Print Spooler”サービスを再起動してやると復旧することはわかった。

ただ、Print Spoolerの再起動は、自分しかできないため、毎回、自分まで連絡が来て作業しているのだが、利用者側で再起動できればと思いスクリプトを書いたので、メモしておきます。

<環境>

\\landisk : ファイルサーバー兼、プリンタサーバー\\winsvr001 : 踏み台サーバー。

管理者権限がないとリモートからサービスの再起動ができない。なので、踏み台となるサーバーを用意した。
踏み台サーバーの条件は、プリンターサーバーに管理者権限でアクセスできる。かつ、ファイル共有していない。
ってとこだと思います。たぶん... 私は、SQL Serverを置いてるサーバーを踏み台にしました。

<しくみ>

・踏台サーバーに再起動用のバッチファイルを置く
・次に、クライアントから踏み台サーバーのバッチファイルを起動してやる
・リモートのバッチファイルを起動するために、psexec を使用
・リモートのサービス再起動は scコマンド を使用

■remote_print_spooler_restart.bat

pause ◆print spooler を再スタートします 中止の場合は[ctrl + c]を押してください。
psexec -u winsvr001\administrator -p <パスワード> \\winsvr001 C:\tool\spooler\print_spooler_restart_sc.bat

■print_spooler_restart_sc.bat

sc \\landisk stop  Spooler
sc \\landisk start Spooler

浜松ガーデンパーク NARU FES ライブ撮影

27 7月, 2016 (13:16) | band | By: ohishi

7/17 ちょっと大き目な野外ステージでライブ撮影してきました
パンしたときかなりブレが目立つため、後日ビデオ用の三脚(Manfrotto MVK500AM)を購入!

Boston – Amanda (Cover) by B-CLAPS

21 7月, 2016 (09:31) | band | By: ohishi

スタジオでのリハしている様子です
カメラは160度の広角で撮れる「CANON iVIS mini X」1台で撮ってます
音は、カメラで録った物をそのまま使ってるんですが、思ったより各楽器のバランスが良くて驚いてます

「Hiroya & Rock’n Band」,「Alee」のライブ撮影

16 7月, 2016 (15:37) | band | By: ohishi

地元、静岡ケントスで「Hiroya & Rock’n Band」,「Alee」のライブ撮影してきました。で、ようやく編集終了。

今回の会場は、ステージと客席が近すぎて、カメラの設置場所にずいぶんと悩みました
悩んだ甲斐あって、それほど違和感なく仕上がったかなと思っています

音は、Zoom H2nでも録ってみたんですがやっぱり「iVis mini x」を使っています。

ネットワークドライブを自動で強制切断する

16 6月, 2016 (15:06) | サーバー, パソコン | By: ohishi

ランサムウェアがニュースになっているが、幸いうちの事務所では被害は出てないです。
ただ、万一感染してしまった場合、ファイルサーバーのファイルまで影響がでるのは怖いので、ネットワークドライブを自動で切断するスクリプトを作成してみました。

ウイルスがファイルサーバーにの名前を知る方法は普通は無いはずですが、
ネットワークドライブ経由なら、サーバー名を知らなくてもアクセスできてしまうので、利用者には申し訳ないですが、強制的にネットワークドライブを切断することにした次第です。

下記のスクリプトは、どうしてもネットワークドライブを使用する必要のあるPCは除外して、ネッワークドライブを強制的に切断してくれます。
これを、PC立ち上げ時に自動で実行すれば、前日、ネットワークドライブを接続しても、翌日には切断されるようになります。

'********************************************************************
'* ネットワークドライブ切断
'********************************************************************
Option Explicit
On Error Resume Next

Dim objFSO      ' FileSystemObject
Dim wsh, computername, username

Set objFSO = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set wsh = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
computername = LCase(wsh.ExpandEnvironmentStrings("%COMPUTERNAME%"))
username = LCase(wsh.ExpandEnvironmentStrings("%username%"))

Dim objWshNetwork
Set objWshNetwork = WScript.CreateObject("WScript.Network")

Dim intChr,  strDrive

if  mid(computername,1,7) = "landisk" _
 or mid(computername,1,6) = "winsvr" then

else

  For intChr = Asc("A") To Asc("Z")
    strDrive = Chr(intChr) & ":"
    If objFSO.DriveExists(strDrive) Then
        If objFSO.GetDrive(strDrive).DriveType = 3 Then
            objWshNetwork.RemoveNetworkDrive strDrive,true,true
        End If
    End If
  Next
end if

Set objWshNetwork = Nothing
Set objFSO = Nothing
Set wsh = Nothing

MacBook Air 2012 のSSD交換が半額

8 6月, 2016 (14:50) | Mac | By: ohishi

MacBook Air Mid 2012 11.6 MD224J/A のSSDを交換してみた。

これまで256GBのSSDを使用していたが、空き容量がほとんどない状態で、専用の500GBのアップデートキットは約4万円と高くなかなか踏み切れなかった。

Amazonで検索しているとMacBook Air用 SSDの変換アダプタを発見
ダメもとでチャレンジしてみた。

◆候補:見送り
・Transcend SSD MacBook Air専用アップグレードキット (Mid 2012[11″&13″]) TS480GJDM520 ¥ 39,719

◆購入品
・Crucial 内蔵 SSD MX200 M.2 Type 2280SS ( 500GB / SATA 6Gbps / 3.58mm ) CT500MX200SSD4 ¥ 18,785
M.2 NGFF SSD To 18+8pin SSD 変換Adapter アダプタ 2012 MacBook Air A1465 A1466対応 ¥ 1,198
合計 19,983円

・USBアダプタへのMacbook AirはA1465のA1466 2012 SSD+ SATA用のSATAコンバータSSD ¥ 1,999

◆交換作業

1)変換アダプタへの取り付け
IMG_6329
M.2 SSDと変換アダプタ
IMG_6331
変換アダプタにSSDを取り付けたところ
IMG_6332
SSDが若干浮いている

2)Macbook Air のバックアップ

3)SSDを交換
FullSizeRender
新しいSSDを取り付けたところ
IMG_6337
アップ写真 若干膨らんでいるが、特に問題なく蓋を取り付けられた

4)SSDフォーマット&リストア
IMG_6340
電源を入れると自動的に起動された

FullSizeRender
SSDをフォーマット

FullSizeRender2
バックアップから復元を選択

FullSizeRender3
復元開始! 3時間くらいで完了!

5)取り外したSSDの再利用
IMG_6334
最初の128GBのSSDを取り付けてみた。結構、大きい感じです。
ケースがあればいいんだが、何か探してみたいと思う。

2016/04/10 六本木クラブエッジ UPLOADフェスティバル

21 4月, 2016 (08:43) | Music | By: ohishi

ようやく自分のバンドのライブ撮影ができました。
浦安、行徳近辺の知り合いのバンドでライブを行ったときの映像です。
再生リストの2番目で出てます

今回、自分も演奏する為、十分な撮影の準備がとれず、自分的に悔いが残るな映像になってしまいましたが、なんとか雰囲気がでているので良しとしました。
今年に入って4回目の撮影だったんですが、少々マンネリ気味なので、次回はivisの超広角を使って何か面白い絵が取れないかチャレンジしてみたいと思ってます。

◆使用機材
・Panasonic DMC-GX1 (ステージ右側、自立1脚)
・Panasonic HC-V360M(ステージ右側、自立1脚)
・Panasonic HC-V360M(ステージ左側、三脚で固定)
・CANON iVIS mini X (左側面にクリップで固定)
・Zoom H2n (左側面にクリップで固定)

◆ビデオ編集ソフト
・SONY Movie Studio 13

RedHot! URAYASU

10 12月, 2015 (14:19) | Music | By: ohishi

ライブ撮影、2本目です。

千葉県浦安市のモトリー・クルー トリビュートバンド さんです。
2015/12/06に浅草橋BUNGAJYAN(あさくさばしブンガジャン)にてライブがあったんですが、
その際に、初めて複数カメラ(3台)でのビデオ撮影にチャレンジしてみました。

◆使用機材
・Panasonic DMC-GX1 (ステージ右側、手持ち及び1脚で固定)
・Panasonic HC-V360M(ステージ左側、三脚で固定)
・CANON iVIS mini X (中央右、天井付近にクリップで固定)
・Zoom H2n (中央右、天井付近にクリップで固定)

◆ビデオ編集ソフト
・SONY Movie Studio 13

◆反省ポイント

・CANON iVIS mini X は(中央右)ステージから8mくらいの距離だったが、光量不足で不鮮明になってしまい編集では使えなかった。
 早めにあきらめてドラムの撮影に使えばよかった
・Panasonic HC-V360M(ステージ左側)はバスドラの振動で画像が振動してしまった。
 振動を抑えるために三脚に防振パッド(約3千円)をつければよかった

Excel VBA エラー 1004 「アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。」

20 11月, 2015 (13:13) | Excel | By: ohishi

かなりハマったのでメモしておきます。

ExcelのVBAで エラー 1004 「アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。」が出たのだが、
特に該当のソースをいじったわけでではなく全然原因がわからなかった。

エラー箇所は下記のIF文…

If ActiveSheet.PageSetup.CenterHeaderPicture.Filename = "" Then

結論から言うと、IF文の前にDebug.Printを入れて実行すると、エラーが出なくなった。
Debug.Printをコメントにしても、エラーが再現しなくなった。

  Debug.Print ActiveSheet.PageSetup.CenterHeaderPicture.Filename
  If ActiveSheet.PageSetup.CenterHeaderPicture.Filename = "" Then
    With ActiveSheet.PageSetup
        .CenterHeaderPicture.Filename = "C:\application\menu\draft.png"
        .CenterHeader = "&G"
        .CenterFooter = "&P / &N ページ"
    End With
  End If

他にも、IF文でシェープの属性を参照すると、同じようなエラーに遭遇したような
値をセットするのは安定しているが、IFで参照する場合は要注意かな…

 

しまほっけハーフ

20 10月, 2015 (09:10) | Music | By: ohishi

10/11の浜松の音楽フェスでみかけた東京のバンドさんです
ギターの音につられビデオを撮ってみました。

・ギターはもちろん全員しっかりした演奏
・色っぽいおねえさん
・見ている人を飽きさせないアクション、会話
・最後のB’zのOCEANをバックにした挨拶

なかなか良かったです。

ビデオの機材は、「CANON iVIS mini X」です。
160度の広角を生かして、ギターさんの約1m前にビデオを設置してみました。
路上ライブの場合、ステージとお客との間に1~2mの空間があるので、
その間に目立たないように設置できるのはありがたいです。
音量調整ですが、PAの真横でかなりの音量がでてたんですが、
この機種は音楽用のリミターが用意されているため音割れの心配が
まったくありません。

ビデオ編集はsonyのMovie Studioです。
不要の部分をカットして、文字を追加しただけです。

しまほっけハーフ

しまほっけハーフ

しまほっけハーフ

しまほっけハーフ

SQL整形ツール

29 8月, 2015 (09:17) | html | By: ohishi

なかなかシンプルで好みのSQL整形ツール(SQL indent)見つけました。
HTML整形ツールにリンクを付けてみました。

http://sql.hirabaru.net/

作者の方のサイト
http://piko.hateblo.jp/entry/2014/12/17/121056

 

sql

CANON iVIS mini X  を使ってみた

19 6月, 2015 (09:43) | 雑記 | By: ohishi

「iVIS mini X(アイビスミニエックス)」を2月に入手して4ヵ月が過ぎた
使い勝手を整理してみました。

◆良いところ
広角 :160度、広いです
音質 :大音量でも音割れせず安心して録音できる(音楽録音を指定)
バッテリー :モバイルバッテリーを接続できる(ケーブルはAmazon等で別途購入要)
IMG_4562

02

03
写真のモバイルバッテリーを付けると下記の録音時間になる
内臓 1910mmAh 2.5時間
外部 7000mmAh 9.0時間
合計 11.5時間

128GBのSDカードを付けてるのだが、約12時間(MP4、24MBpsを指定)録画できる
モバイルバッテリーを付けるだけで、連続で録画できることになる

長時間のセミナーやリハ、ライブなど100V電源が調達できない録画に便利で手放せないですね。

それと、手ぶれ防止用として1脚とミニ三脚を入手! 軽くてなかなか良いですね

IMG_4575

IMG_4576

IMG_4577

Dropcam ちょっと参った。

18 6月, 2015 (16:39) | 雑記 | By: ohishi

久々の書き込みです。

Dropcamを使い始めてちょうど1年がたちました。
画質、音質、録画の再生等も良好で、監視カメラとしてはリーズナブルで気に入っていたのだが...

今日、たまたま、録画を確認しようとしたら、録画が停止しているではないか! ガーン! ショック
IMG_4555

調べてみると、昨年、Dropcamがグーグルは配下のNestという会社に買収されてて、その影響と思うが、クレジット情報が新会社に連携されておらず、2年目の代金がクレジットで決済出来なかったようだ。

早速、クレジット情報を入力して録画を再開しようとしたが、あたらしいWeb画面がダメで、クレジット情報の更新ができない。
画面の仕様がUSA専用になっていて、日本人は「お断り」のような状態...

気に入っていただけに、ショックです。

Nestのサポートに問い合わせるも、英語しか対応しないということで、英文でメールしてみた。結果は後日、追記します。

◆2015/06/23追記

サポートに問い合わせたところ、「Webサイトをメンテナンス中で、来週まで待ってほしい」とのこと
Web画面ではメンテナンス中なんて表示は見当たらないが、iPhoneアプリでアクセスすると、ダウン中の表示がされていた。

日本では、こんなこと考えられないけど...さすがUSA (笑)